2chニュースドレブリィー

ニュース全般まとめブログ



    1 ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2017/08/08(火) 10:20:22.65 ID:CAP_USER9.net

    任天堂の出した『スプラトゥーン2』には性的な描写が多く隠されている。
    そのように指摘するのは、海外メディアMashableの女性記者Jess Johoさん。
    本作は子供向けの人気シューティングゲームなのですが、『スプラトゥーン』には卑猥な表現やテーマが根底にあるのだとして、彼女はレビューを投稿しています。

    「スプラトゥーン2に隠された性的表現」より
    http://mashable.com/2017/07/27/splatoon-2-sexual-slutoon/

    日本における性的同意年齢は14歳であり、多くの漫画やアニメで若い女の子を性的に扱った描写がある。
    興味深いことに、『スプラトゥーン2』に出てくる頭から触手を伸ばしたイカ「インクリング」も14歳設定だ。

    彼らは、大きなものから小さなものまで様々な色・形をした銃(男根のメタファー)を構えてインクを所構わず飛ばしまくる。
    時に自らを精子のような海洋生物に変え、ネバつく液体の中で楽しそうに泳ぎ回るのだ。

    そんな『スプラトゥーン2』では、期間限定イベントとして「フェス」が開催される。
    ここまで来るとお分かりだろうか?
    銃からインクを飛ばしまくるフェスティバルというのは、まるで家族が家にいないときの思春期の男の子の状況を遠回しに言っているようにしか聞こえないのだ。

    『スプラトゥーン2』の新しい協力プレイ「サーモンラン」では、自分がやられた場合は味方に助けを求めることができる。
    この時、なんと蘇生は自分の穴にインクを射出してもらうことで可能になるのだ。

    これで生まれる新しい命。
    「もう中に出して!」と叫ばずにはいられない。
    Deva&Harold氏によるウェブコミックにもあるが、触手の変態プレイを任天堂テイストで子供向けにアレンジしたのが『スプラトゥーン』ではないかと考えられる。

    お、おう・・・

    ▼一部引用しました。全文はソースでご覧下さい

    http://yurukuyaru.com/archives/72078097.html


    (出典 www.nintendo.co.jp)


    【【ゲーム】任天堂『スプラトゥーン2』に隠された“性的なテーマ”を海外メディアの女性記者が分析】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2017/08/08(火) 17:19:18.96 ID:CAP_USER9.net

    ヤマダ電機は、Twitter上で「Nintendo Switchを購入しようとしたら“単品販売はできないがネット開設を申し込めば購入権が得られる”と言われた」とするツイートが投稿され「抱き合わせ商法で独占禁止法違反ではないか」とする指摘が相次いでいた件について、抱き合わせ販売を否定するとともに謝罪文を発表した。

    https://twitter.com/wrx_overrun/status/894140014476500992

    ヤマダ電機の発表によると、同社は6月からNintendo SwitchとWi-Fi接続機を同時購入した人に向けてNintendo Switch用ソフトをプレゼントする販売促進策を実施していた。
    ところが、「Nintendo Switchを単品で購入することはできないが、Wi-Fi接続機器とセットであれば購入できるので、Wi-Fi接続機器の購入をお勧めする」と不適切な説明をされたとする意見が客から寄せられた。
    同社はこのような販売方針を一切認めていないという。

    ヤマダ電機のサイトより
    http://www.yamada-denki.jp/information/170808/

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ヤマダ電機に問い合わせたところ、Twitter上で指摘のあった投稿についてはネット上で言及された店舗を含めて調査し、一部の店舗で類似の事実があったことは確認しているという。
    しかし、独占禁止法で禁じられている抱き合わせ販売を実施したという事実はなく、Nintendo Switch以外の商品についても同様の調査結果だったとのこと。
    今後については、「具体的な状況を把握した上で、適切にキャンペーンを実施していく所存です」とコメントしている。

    なお、Twitter上で投稿された内容が仮に事実だった場合どのような問題があるのか、廣江綜合法律事務所の廣江信行弁護士に聞いたところ、「抱き合わせ販売が違法になるかは“不当に”なされたか否かなど、具体的な事実関係に照らして厳密に検討する必要があります。単体販売の在庫とネット開設申し込みで購入権が得られる分の在庫とで、Nintendo Switchの製品自体が異なっているわけではないため、別個の商品について、抱き合わせ販売をしているだけと評価できる」と語った。

    配信2017年08月08日 16時28分
    ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/08/news092.html


    【【企業】「ネット開設すればNintendo Switchが買える」…ヤマダ電機が不適切な説明で謝罪 「抱き合わせ販売で独禁法違反」の声続出】の続きを読む



    1 三毛猫 φ ★ :2017/08/08(火) 16:08:27.43

    「アメトーーク!」(テレビ朝日系)や「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)など、多くのレギュラー番組を抱えるお笑い芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之(47)に複数の女性との不倫疑惑があることが
    「週刊文春」の取材でわかった。

     2012年に胃がんを克服した宮迫は、復帰後、バラエティ番組で妻からの手紙が披露された際には「本当に感謝しています」と涙ぐみ、家族への感謝を口にしていたが、都内の高級ホテルで2人の女性と交互に密会していた。

     女性の1人はモデルの小山ひかる(26)。7月14日深夜、宮迫と小山の2人は常に時間差で行動する厳戒態勢のもと、都内の高級ホテルで約10時間、同じ部屋で一緒に過ごした。その翌週も2人は同様にホテルでの逢瀬を重ねていた。

     もう1人は竹内結子似の30代美容系ライターA子さん。7月25日の深夜、宮迫は小山と宿泊したのと同じ都内の高級ホテルでA子さんと密会した。

     宮迫に真相を聞くべく、取材班は宮迫本人を直撃。宮迫は「お友達ですね」としつつも、記者が「本当に真っ白(潔白)ですか?」と聞くと、「えー、オフホワイトです」と回答。さらに
    「オフホワイトはちょっと色かかっていますけど」と尋ねると、「はい。……オフホワイトで」とコメントした。小山は「ホテルに行ったことはありません」、A子さんは「肉体関係は否定させてください」と答えた。

     8月9日発売の「週刊文春」では、密会現場の写真とともに恐妻家としても知られる宮迫本人のコメントなどを詳報。さらに、同日午前5時より「週刊文春デジタル」では、宮迫と女性たちの密会現場を
    撮影した“ホテル密会編”と宮迫本人に真相を直撃取材した“直撃編”の2本の動画を公開する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00003691-bunshun-ent


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【文春】雨上がり宮迫博之“決死の不倫”直撃動画を公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ