2chニュースドレブリィー

ニュース全般まとめブログ

    カテゴリ: 経済



    1 たんぽぽ ★ :2017/07/18(火) 10:57:44.31 ID:CAP_USER9.net

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170718/sot17071810060004-n1.html

     1等と前後賞を合わせて7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」が18日、全国で一斉に発売された。8月10日まで。

     1等(5億円)の当せん本数は20本、1等の前後賞(1億円)が40本、2等(1千万円)が60本。

     「サマージャンボミニ1億円」も同時発売され、1等(1億円)が45本、2等(1千万円)が270本。今回新たに「サマージャンボプチ100万」も発売し、1等(100万円)は5千本。

     いずれも1枚300円。抽せんは8月20日、東京・神宮球場などで行われる。


    (出典 economic-fortune.com)


    【【経済】「サマージャンボ宝くじ」発売!1等・前後賞7億円】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2017/07/17(月) 17:23:38.30 ID:CAP_USER9

    月23万円余り支給される年金で暮らしている高齢の夫婦。
    2人だけなら生活できるが、家にはひきこもり歴30年の44歳の息子がいて、家計は毎月9万の赤字。

    FPの筆者は、今後の生活を考えて息子に与えていたあるお金の削減を提案した。
    そのお金とは? 

    ■「そろそろお金の方も厳しくなってきました」

    ある残暑の厳しい年のことでした。
    私は汗を拭きながらご相談者の自宅に向かっていました。
    通常は私の事務所やその付近でご相談を受けているのですが、親御さんの強い希望もあり、かつ、私の事務所からそれほど遠くなかったため、今回はご相談者の自宅でお話をすることになりました。
    向かった先は埼玉県南部のIさん宅です。

    ご自宅のマンションにうかがうと、玄関でお母さんが出迎えてくださいました。
    ご挨拶をした後リビングに入ると、そこにはお父さんと緊張した面持ちのお子さんがいらっしゃいました。
    お父さんは、私にこう言いました。

    「今までは息子にお金のことで余計な心配はかけまいとして、ずっとお金の話はしてきませんでした。
    しかし、そろそろお金の方も厳しくなってきました。
    そこで一度専門家を交えて家族会議を開きたいと思い、この度自宅での相談を希望しました」

    時間は止まったまま。息子の部屋の扉は開かない
    そこで、まずは家族構成やお子さんのふだんの様子、ご家族の財産、収入支出の状況を聞き取るところから始めました。

    家族構成は、お父さん(70)、お母さん(68)、ひきこもりのご長男(44)の3人暮らし。
    長男は高校2年の頃から勉強について行けなくなりたびたび学校を休むようになったそうです。
    出席日数や定期試験の点数の関係で、留年が決定したのをきっかけに高校を中退。
    中退後は外出の機会もめっきり減り、ほとんどの時間を家の中で過ごすようになったそうです。

    大事に大事に育てた一人息子が、なぜか生きる気力をなくしてしまった。
    昼夜は逆転し、日々、ゲームやパソコンばかり。
    親として何がいたらなかったのだろう……。

    それでもそのうち元気を取り戻して、また外の世界に戻ってくれる。
    親御さんはそう信じて疑わなかったに違いありません。
    しかし、時間は止まったまま。息子の部屋の扉が開くことはありませんでした。

    ■年間赤字108万円、あと5年で貯金が底をつく

    中退後の何年間かはそうやって動揺し、心配し続けた親御さん。
    「このままではいけない」。あるとき、勇気を振り絞って声をかけたそうです。

    「通信教育を受けてみたらどうかな? 」
    「気分転換にもなるから、気軽にアルバイトでもしたらどう? 」

    返答はありませんでした。
    親御さんが促したものの長男は乗り気にならず、何も行動を起こしませんでした。
    そのうち、何も行動をしない長男が家にひきこもり続けている状態が当たり前のように感じられていき、徐々に親御さんからの促しもなくなっていったようです。
    月日は流れ、ひきこもってからすでに27年も経過してしまいました。

    ひきこもった当時、親御さんの年齢はお父さんが43歳、お母さんが41歳でした。
    まだふたりともバリバリと働き、精神的にも充実していました。未来はあると信じていたはずです。
    しかし、その力は加齢とともに衰えていきます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170716-00022616-president-bus_all

    ★1:2017/07/17(月) 09:28:06.15
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1500272192/

    ※続きます  


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    【【経済】ひきこもり30年44歳 小遣い6万円、毎月9万円の赤字の是非★5】の続きを読む



    1 的井 圭一 ★ :2017/07/10(月) 11:06:02.01 ID:CAP_USER9.net BE:511393199-PLT(15100)


     KDDI、沖縄セルラーは、使った量に応じて5段階で切り替わるスマートフォン向けの新プラン「au ピタットプラン」を7月14日から提供する。
    また、定額プラン「au フラットプラン20」「au フラットプラン30」も提供する。いずれも「毎月割」が提供されない代わりに通信料を下げるという形。
    新規・機種変更と同時にプランを変更するユーザーには、キャンペーンによる割引も用意される。「毎月割」が適用される既存の料金プランは引き続き提供される。

     なお、iPhoneについては、既存ユーザーのプラン変更は可能だが、端末購入を伴う場合、新プランの契約はできない。

     「au ピタットプラン(スーパーカケホ)」で「誰でも割」「au スマートバリュー」「ビッグニュースキャンペーン」が適用された場合、1GBまでは月額1980円、
    2GBまでは月額2980円、3GBまでは月額3480円、5GBまでは月額4480円、20GBまでは月額5480円。
    20GBを超えると通信速度が制限される。これらは、通話プランの月額料金も込みの価格。

     音声通話の種類は3つ用意され、「au ピタットプラン(スーパーカケホ)」「au ピタットプラン(カケホ)」「au ピタットプラン(シンプル)」。

     「ビッグニュースキャンペーン」は12月31日までの間に機種購入で「au ピタットプラン」に加入すると、12カ月間は毎月1000円を割り引くというもの。
    また、「アップグレードプログラム EX」も用意される。

     なお、毎月割の適用中に「au ピタットプラン」にプラン変更すると、毎月割は終了する。


    (出典 k-tai.watch.impress.co.jp)


    (出典 k-tai.watch.impress.co.jp)


    ケータイ Watch 2017年7月10日 10:12
    http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1069628.html


    【【経済】au、5段階定額の新プラン「au ピタットプラン」提供へ 最安で月額1980円〜】の続きを読む



    1 孤高の旅人 ★ :2017/06/13(火) 08:21:44.09 ID:CAP_USER9

    ビール類、1割値上げ…売り上げ落ち込む銘柄も
    2017年06月13日 07時14分
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170612-OYT1T50095.html?from=ytop_top

     6月1日から酒の安売り規制が強化されたことにより、スーパーでのビール類の店頭価格が1割前後値上がりしていることが民間データ会社の調べでわかった。

     値上げに伴い、売り上げが大きく落ち込んでいる銘柄もあり、買い控えの動きが強まっている。
     全国約650のスーパーの販売動向を集計している「KSP―SP」(東京)によると、アサヒビールの「スーパードライ」(350ミリ・リットル)の6月1~7日の平均価格は200円(税抜き)と、5月の平均(188円)から6%上昇した。まとめ買い用の6缶パックは1151円と12%も値上がりした。
     この影響で、スーパードライの6缶パックの1日平均の販売数量は5月から33%も落ち込んだ。低価格が魅力の「第3のビール」やチューハイのほか、ワインなども銘柄によっては1割前後の値上がりとなり、いずれも売れ行きが鈍っている。


    (出典 ryukyushimpo.jp)


    【【経済】ビール類、6月から1割値上げ…売り上げ落ち込む銘柄も】の続きを読む



    1 (^ェ^) ★ :2017/06/07(水) 07:33:21.25 ID:CAP_USER9

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170605-00010000-sentaku-soci

     村上春樹氏の七年ぶりとなる本格長編『騎士団長殺し』が二月に新潮社から刊行されたが、売れ行きが当初の目論見から外れ、「過去の作品と比べると、明らかに動きが鈍い」(大手取次幹部)という。
     新潮社は昨年十一月以降に、かなり力を入れたPRを行ってきた。初版は上下巻合計で異例の百万部を刷り、しかも発売直前に増刷をかけて過去最高の百三十万部を用意した。ニュース番組でも報じられた発売日とその直後にはかなりの売れ行きを見せ「初動で五十万部くらいまでは一気に売れたが、そこで急激にブレーキがかかった」(大手出版社関係者)という。現に、一般書店では今もうずたかく積まれた状態が続いており、最近では「五十万部以上が返本される可能性が取り沙汰されている」(出版業界関係者)。全量は保管できないため、多くが裁断処理されることになるが、新潮社には「返本十万部あたり一億数千万円」(同)ともいわれる負担が重くのしかかる。
     前回、二〇〇九~一〇年に新潮社から『1Q84』が出版された際は社会現象にまでなったが、その夢よもう一度という願いは難しい状況になっている。


    (出典 tmbi-joho.com)


    【【経済】期待外れの村上春樹『騎士団長殺し』 「大量返本」の可能性が浮上】の続きを読む

    このページのトップヘ