2chニュースドレブリィー

ニュース全般まとめブログ

    カテゴリ: lT

    • カテゴリ:


    1 ノチラ ★ :2017/06/28(水) 17:19:05.15 ID:CAP_USER.net

     ネットベンチャーのバンク(東京都渋谷区)は6月28日、ユーザーが所有する商品をスマホアプリで入力し、査定金額を受けて現金化できるアプリ「CASH」(キャッシュ)を公開した。まずiOS版を提供し、Android版は今後提供予定。ダウンロードは無料。

    (出典 image.itmedia.co.jp)


     売りたい商品のブランド、カテゴリー、状態を選択し、写真を撮影すると査定金額が提示される。その金額をユーザーが承諾すると、アプリ内のウォレットに「キャッシュ」が即座に振り込まれ、銀行振り込みかコンビニで現金を受け取れる仕組みだ。引き出し可能金額は1000円からで、手数料が250円かかる。

     アプリ内でキャッシュ化した商品はすぐ運営元に送る必要はなく、2カ月以内に集荷を依頼して商品を送る(送料無料)か、現金を返金(手数料15%)して商品を手元に残すかを選べる。手持ちの商品価値と引き換えに現金をすぐ受け取れるという意味で、質屋のようなサービスだと評する声もある。

    サービス利用に当たって初期費用や審査はなく、電話番号を登録するだけで利用できる。キャッシュを受け取ったにもかかわらず選択した商品を送らなかった場合、ブラックリストに登録されてサービスが利用できなくなったり、別途手数料が発生したりするという。

     編集部で確認したところ、今のところキャッシュ化できる商品はブランド衣類やスマートフォンなどに限られているようだ。また、選択したブランド名やカテゴリーと全く異なるものを撮影しても、同じ査定金額が表示された。写真によって商品種別や所有状態、コンディションなどを即座に判断するわけではないようだ。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/28/news092.html

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【アプリ】私物を入力するだけで即現金化 “質屋”のようなアプリ「CASH」スタート】の続きを読む

    • カテゴリ:


    1 trick ★ :2017/06/06(火) 05:04:47.40 ID:CAP_USER9

    Apple、スマートスピーカー「HomePod」発表 Siri搭載 - ITmedia NEWS
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news052.html

    米Appleが「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を発表。

    [片渕陽平,ITmedia]

     米Appleは6月5日(現地時間)、同社の音声アシスタント「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を発表した。12月に米国、英国、オーストラリアで発売する。価格は349ドルから。米Amazon.comの「Amazon Echo」、米Googleの「Google Home」が先行するスマートスピーカーの分野に参入する。

     7つのツイーター、1つのウーファー(4インチ)を搭載する。iPhone 6と同じA8プロセッサを採用し、スピーカーを制御することで「すばらしい音響効果を発揮する」(同社)としている。置き場所の状況を検知し、音響特性を自動調整する仕組みも備えるという。

     6方向にマイクを搭載し、ユーザーが「Hey,Siri」と話しかけると反応。ニュースや天気、交通情報などを読み上げたり、アラームの設定、調べものを頼んだりできる。

     Appleのスマートホーム機能「HomeKit」にも対応し、HomePodに呼び掛け、家電や照明を操作することも可能。音楽配信サービス「Apple Music」とも連携し、4000万曲の中からユーザー好みの曲を再生する。

     カラーはホワイト、スペースグレーの2色を用意する。

     Appleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC、米カリフォルニア州・サンノゼ)で明らかにした。Appleのティム・クックCEOは「家庭での音楽に革命を起こす」と述べた。



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【IT】Apple、スマートスピーカー「HomePod」発表 Siri搭載 349ドル US/UK/AUでは今年12月発売 #WWDC2017】の続きを読む

    • カテゴリ:


    1 trick ★ :2017/06/06(火) 04:27:03.50 ID:CAP_USER9.net

    Apple、「iMac Pro」発表 CPU・GPU大幅強化、「過去最高パワーのMac」 - ITmedia NEWS
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news049.html


    プロ向けの一体型デスクトップ「iMac Pro」が登場。

    [山口恵祐,ITmedia]

     米Appleは6月5日(現地時間)、ハイエンド向けの一体型デスクトップPC「iMac Pro」を発表した。27インチの5Kディスプレイに最大18コアのXeonプロセッサ、グラフィックスにRadeon Vega graphicsを搭載。12月に発売する。価格は4999ドルから。


     Mac Proシリーズのパフォーマンスを超え「全てのMacで最もパワフル」(同社)としている。

     外観は27インチの「iMac」とほぼ同じだが、本体カラーにブラック系を採用。プロセッサはワークステーション向けの「Xeon」を8/10/18コアから選択可能。メモリは最大128GB、ストレージは最大4TBのSSDを搭載できる。グラフィックスには単精度で最大11テラFLOPS、半精度で22テラFLOPSの「Radeon Vega graphics」を備える。

     インタフェースにはThunderbolt 3×4、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2、SDカードスロットなどを備えるほか、Mac初の10ギガビットイーサネットを搭載する。



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【IT】Apple、「iMac Pro」発表 4999ドルから 最高でCPU 18コアXeon、GPU Radeon Vega、RAM128GB #WWDC2017】の続きを読む

    • カテゴリ:


    1 天麩羅油 ★ :2017/05/24(水) 22:13:35.46 ID:CAP_USER9

    NTTドコモ 月額1500円値下げへ 来月発売の2機種
    5月24日 1時55分

    スマートフォンの割安な料金プランを打ち出しているKDDIとソフトバンクに対抗するため、
    NTTドコモは来月から、特定の端末を新規に購入した利用者を対象に、
    月額の通信料金で一律1500円の値下げに踏み切ることになりました。

    関係者によりますと、ドコモは、来月発売する新型のスマートフォン2機種を購入した利用者を対象に、
    新しい料金プランを打ち出します。具体的には、個人向けや家族向けなどすべての料金プランで、
    一律、月額の通信料金で1500円の値下げを行います。
    このうちデータ通信量の上限が2ギガの個人向けプランの場合、月額4000円となります。

    さらに、2年に限って割引料金を適用し他社からの乗り換えを実質的に優遇してきた
    料金体系についても、長期に契約している利用者には不利だという批判を踏まえて、
    この新しいプランでは廃止するということです。

    対象となる2機種の端末は2万円台~3万円台で、一部の機能を簡略化し、
    主に格安スマホで利用されている機種と同等のものとなります。
    すでに端末代金が割り引かれているアップルのiPhoneなどは値下げの対象とはなりません。

    大手では、KDDIがグループ会社のブランド「UQモバイル」で、ソフトバンクが第2ブランドの
    「ワイモバイル」で、それぞれ割安な料金プランを出していますが、
    こうした動きと一線を画してきたドコモが値下げに踏み切ることで、各社の競争は一段と激しくなりそうです。

    (後略、全文はソースで)
    NHK NEWSWEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010992821000.html


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1495561600/


    (出典 cdn-zuu-online.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【【通信】NTTドコモ、月額の通信料金を一律1500円値下げへ…来月から、特定の端末を新規に購入した利用者が対象★2】の続きを読む

    • カテゴリ:


    1 trick ★ :2017/05/24(水) 20:26:38.61 ID:CAP_USER9

    三菱UFJがITシステムをクラウド化、アマゾンに移管の衝撃 | inside Enterprise | ダイヤモンド・オンライン
    http://diamond.jp/articles/-/128045

     今年は大手ITベンダーにとって「終わりの始まりの年」と記憶されるかもしれない。そんな“地殻変動”が静かに進んでいる。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、
    ITシステムにクラウド(インターネットでつながったコンピューター上で運用するシステム)の採用を決め、金融・IT業界の注目を集めているのだ。

     銀行のITシステムといえば、かつては自社保有のメーンフレーム(大型汎用)・コンピューター上で運用する最も“重い”システムの代表格だった。
    勘定系と呼ばれる基幹系システムの統合や更新には数年を要し、銀行の経営を左右する。加えて、市場や業務に関わるシステムも業務の多様化やフィンテックの普及で急増し、
    MUFGの場合、その数はグループ全体でなんと1000を超える。

     そんな超重量級のITシステムを持つ銀行が、ITシステムをそもそも保有しないという、正反対のクラウドの採用に動いたのは、その維持費用が膨れ上がっているからだ。
    例えばMUFG傘下の三菱東京UFJ銀行(BTMU)では、保守費用も含めたIT投資費用は年間1000億円にも上る。

     こうした中、MUFGでは、いかに費用を抑え、最新技術も取り入れた上で短期間でのシステム開発を行うかという課題に対応するため、クラウドを選択。
    現在はクラウド最大手の米アマゾンウェブサービスと組み、業務システムの一部から移行を進めている。


    (出典 affiliate-marketing.jp)


    【【IT】三菱UFJ銀行が基幹システムをAmazonに移管しクラウド化 NTTデータなど日系ベンダーには打撃 #AWS #MUFG】の続きを読む

    このページのトップヘ